物語の7つめの扉の前での戦いの続きなどをします

主人公は、メンバーたちに、一気に、本領を、発輝して、この敵を、倒すぞ、長期戦は、不利につながる傾向の高い強力な、モンスターなので、いつもより割増の、戦いに対する集中力を、用いる心で、実現させて戦いに、転じようと、少し怒鳴ります。本当は、大声で、怒鳴りたいのですが、近距離戦だし、構造上音が、やや響きやすいというのも、あるので、あえて大声では、怒鳴らない手段を、とります。メンバーたちは、そんなこと言われなくても分かってるよと答えます。なにゆえ、そのセーフティーアーマーのきれつが,その意味を、つかさどるかのように、教えてくれてます。主人公たちは、通常攻撃を、主として、もちろん戦いに、対し考えるわけではなく、大技の連続までも、考えながら、戦います。大技だからといってすぐに、その敵を倒せるとも限らないので。主人公たちは、アーチ4連ラッシュで、その敵を、倒します。アーチ状の線を、4つ用い、囲いを作り、攻撃する大技です