世界の終わり、書簡の中に待ち構えていた災い

「これを読んでみてくれ。黙読で済む」
神妙な形相で人事から手渡された封筒の中から、自分はおそるおそる一枚のペーパーを抜き取った。
土埃のようなものを被っていたのだろうか。封筒はとても汚れている。
読み始める前にくつがえすと、底に滲んですワードで「2011.3.11」といった記されているのが調べできた。
書状そのものもまた、封筒と同様に汚れている。
元々は虚無だったようだが、なんらかの形でだんだん近々染みし、色褪せて言うようだ。
全然不快直感がしたが、自分は書状の中の一字一句、一行一行を逐一読み進めていくことにした。

>ここはどちらです
>窓面が泥濘に覆い尽くされて外が見えない
>今、ドアを開こう雑貨ならやにわに泥水に飲み込まれるかもしれない
>遠くの人から津波って地響きが押し寄せてきて打撃呂律というバースト呂律を最期に、俺はまんまと巻き込まれてしまった
>このままバックアップが来る雰囲気もなく、ただ死を伝える瓦礫呂律だけが得々という聴こえて現れる
>随時立ち寄る無音というのが、心細くも昨今は唯一の恐怖を除去する平静です
>スリルの時を先送りにするためにはこういうスペースから動かずただひたすらバッチリやるのみです
>他に生き残る技術があるのだろうか
>誰か俺を救ってくれ

2011.3.11銀座カラー 脱毛し放題