ちょっと自分がこんなにもマニアックなアニメに酔いしれるとは思わなかった

わたしは、がんらい戯画やコミックは中学ご時世から隠れ家で、勉強は勿論するし、古典文学をよむのも隠れ家。
でも、やはり戯画とコミックは心の癒し。
大人になって、結婚しても諦めることはできなかった。
だから、エヴァンゲリオンも隠れ家だし、銀精神もマニアだし、NARUTOもマニアだし、ドラゴンボールなんて、全巻集めているし、
悪役の呼び名なんて全て当てはまるし、中でもトップ最強の悪役です性質には「フリーザちゃん」とちゃんづけをやる。
神秘系悪役なので、ふっとそのように呼んでしまうので、子どもにあきれられてある。
そして、わたしがふと間違えて録画したものが、そこそこおもしろくて、はまったのだが、来週で最終回というのが厳しい。
そのコミックイコール戯画は「坂本ですが?」です。
高校生1年の坂本というメガネの伊達高校ですが、やることが、伊達で、「cool cooler coolest」というのが、
旦那の役職で、何事もクールに美しく最上級のCOOLESTであることがキャッチフレーズの高校です。
本質ボイスも、声優様としては今も人気のある緑川灯様で、昔からわたしが好きな声優様です。
来週最終回はかなしいけれども、戯画の側は連載続行中なので、続けて読んでみようと想う。
今まで好きなコミックや戯画の性質は独自の世界観はあったものの、ここまで「伊達」に徹した
本質はいないと想う。
意外な戯画とコミック掘り出しができて、ちょこっと生活に水気を憶える。アイフル 土日 電話